社長あいさつ

宮崎の気候と風土を考えた場合、台風による風と雨、梅雨時の多湿、夏の暑さ対策が課題となります。
台風対策では、雨戸やシャッター付きの窓や、強風に耐え、雨漏りのしない丈夫な屋根など、主に住宅外部の対処が必要となります。
しかしそれとは逆に、梅雨時のジメジメや、夏場の高温状態の室内を、いかに快適に過ごし、いかに電気料金などのランニングコストを軽減できるかが大きなポイントとなります。

つまり、宮崎の気候風土に合う条件の住宅とは、強い外部構造と、室内で快適に過ごすことのできる構造体と設備の選択が重要視されます。
ハウスケアイワキリは、宮崎県産木材を豊富に使い、高気密・高断熱をはじめとする、高い住宅性能で人に優しく体に優しい、家造りをめざしています。
イ ワキリの新築は、まずお客様との信頼関係を築くことから始まります。どのような家を建てるべきか・・・好みはもちろん、ライフスタイルや家族構成など様々 な要素を熟慮した上で初めて見えてくるのです。
じっくり話し合いながら、本当に自分たちにあった住まいづくりを、私どもと一緒に考えていきましょう。

Comments are closed.